FX資金について考える



normFXの取引をする場合、 特に手元の資金額が少ない場合にXMで取引を行うときは、レバレッジは迷わず888倍を選択しましょう。高いレバレッジをかけることに、不安を覚える人も多くいるかも知れませんし、それは当然と言えるかも知れません。

しかしここで話をしているのは、業者によって設定されている最大レバレッジのことで、実際に取引を行うときの実効レバレッジのことではありません。つまり最大でどこまでのレバレッジを設定できるのかということです。実効レバレッジは、当然ですが、取引を行う時に自分でコントロールしなければなりません。例えば100倍までしか設定できないなかで、常に100倍のレバレッジをかけて取引を行うのと、最大で888倍まで設定できる環境のなかで、取引によって自分の判断で、レバレッジを100倍にしたり、300倍にしたりしながら取引を行うのでは、どちらの取引のほうがより安心して効率的な投資が行えるのかということです。

レバレッジは、仮に100倍でも、888倍でも、1万通貨での100ピップのマイナスは、両方共に1万円で変わりません。つまりレバレッジの倍率に関係なく、損失の額は同じなのです。しかし最大レバレッジを大きくしておけば、それだけ少ない証拠金で、他のポジションを建てることだってできるのです。つまりそれだけ、投資の選択肢が増えるのです。FX業者がアピールしているレバレッジは、建てるポジションに対して必要な証拠金のことです。したがってレバレッジが高倍率のFX業者のほうが、それだけ柔軟なトレードができ、取引全体を有利にすすめることができると言えるでしょう。

そう考えれば、XEマーケット.comに口座を開設した時には、初回の預入予定証拠金額は、2万ドル以下を選ぶことになります。これはマイクロ口座とスタンダード口座で共通です。そうすることによって、最大レバレッジを888倍に設定できるのです。そしてマイクロ口座であれば、最低で100通貨からの取引ができますから、少ない手元資金であっても、積極的なFX投資が可能になります。XEマーケットに引けを取らないレバレッジ、サポート、ボーナスサービスを提供しているのがワイバイナリーです。この業者も要チェックです。