XEMarkets 追証



construction以前より人気があった海外FX業者のトレーディングポイントがリニューアルして、新しく誕生したのがXEマーケットです。つまりXEマーケットは、トレーディングポイントの進化版と言え、それまでも定評があった高レバレッジや高額のボーナスなどのサービスは、さらに充実したものになっています。

XEマーケットの特徴の一つは、追証が発生しない追証ゼロサービスを取り入れていることになります。この追証ゼロサービスは、預け入れた証拠金以上の損失は絶対発生しないという画期的なサービスです。損失リスクが限定されるので、トレーダーにとっては、強い味方と言って良いでしょう。この追証ゼロサービスと、最大888倍までの高レバレッジの組み合わせは、最強の組み合わせです。

日本国内の外為取引業者でも、実は証拠金以上の損失が発生しないような対策は取っているのです。未決済の保有ポジションの損失が、証拠金残高の一定レベルを下回ると「マージンコール」という警告が発せられます。さらに証拠金を下回る損失が出ると、その時点で強制的にポジションを決済する「ロスカット」が行われ、損失の拡大を防ぐようになっています。しかし日本国内のFX業者の場合、ロスカットをするために出された逆指値注文がスリッページを起こしたり、最悪の場合にはその注文が拒否されることでロスカット自体ができず、損失が拡大することがあります。そうなってしまうと、ロスカットのシステム自体が無意味なものになり、損失は証拠金残高を上回り、結果として証拠金口座残高がマイナスとなってしまいます。そしてそのマイナスを埋めるために「追証」を入金するように指示されるのです。

しかし海外FX業者のほとんどでは、追証ゼロサービスを標準装備しています。これは仮に証拠金口座残高がマイナスになっても、追証の入金を求められないサービスです。またXEマーケットでは、そもそも証拠金残高がマイナスにならないような、対策をしてあります。XEマーケットは、どの種類の口座であっても、未決済ポジションの時価の総額が、証拠金残高の20%を下回った時点で強制的に決済され、ポジションをクローズにします。そしてXEマーケットでは、取引ができない週末などの間に、相場の急変があって、それによって損失がでたとしても、その損失はゼロまででマイナスにはならないことが保証されています。

またXEマーケットの取引プラットフォームは、MT4やウェブトレーダー、そしてiPhoneやiPad、そしてアンドロイドなどのモバイル向けのものが用意されていますが、それらのアカウントのすべては、一括で管理できるようになっています。

そしてEU各国を始めとして、世界中の国々の証券取引委員会の認可を受けているXEマーケットは、信頼性の高い業者です。バイナリーオプション 初心者という方や、FX 初心者の方でも安心して入って行ける業者です。