外国為替証拠金取引


FXとはの略であり、主に2国の通貨を売買(交換)して利益を得ることを指します。通貨交換と言えば両替ですが確かに簡単には両替ですが、厳密には違います。

「1ドル=100円」の時に10ドル交換するためには1000円が必要です。(手数料は無視してください)

「1ドル=110円」の時に10ドル交換するためには1100円が必要です。

このように交換するときの値段(レート)が違うと交換に必要な金額も変わってきます。この変わってくる金額を利用して利益を出すことがFXの主な仕組みです。

「1ドル=100円」の時に10ドルに交換(買う)して、「1ドル=110円」の時に再び円に交換(売る)すると手元には1100円が残ります。初め1000円だったのが最終的に1100円と100円多くなりました。この100円が利益です。

交換する額が大きくなれば利益も大きくなります。例えば、1万ドルの場合は利益は10万円になります。

FXの魅力とは?


FXの魅力は誰でも手軽の通貨の交換(売買)ができる点です。98年の法律改正以降、個人でもFXで利益を上げることが容易になりました。インターネットの普及により自宅いながらや携帯電話でも取引をすることができるようになり利用者数も増えていきました。

さらに利用手数料の下落やサービスの充実などに伴い様々な人に利用されています。学生や主婦、引退した人など世代や職業は問いません。

grapghm



FXの仕組みとは?


FXは「レバレッジ」と「スワップポイント」を知るとことが重要です。レバレッジは簡単には「てこ」であり、少ないお金で大きなお金を運用することを指します。例えばレバレッジ25倍とは4万円で100万円分の通貨を運用できることになります。(レバレッジとスワップポイントについての記事が、このFX ブログにあります。)

先にも言ったようにFXは大きな金額を動かした方が利益は大きくなりますからこのレバレッジを利用すれば手元に100万円なくとも100万円分のお金を運用することができ利益を上げることができます。

スワップポイントとは簡単には「2国間の金利差」です。金利はどこの国にもあり、金利の利率も国によって変わります。日本の場合はゼロ金利政策を取っていますから銀行預金の金利は0.1%くらいですが国によっては3%以上の国もあります。その国の通貨を持っている時には金利が発生しますので金利の高い国の通貨を持つことにより金利差によって利益を出すことができます。最近ではよりシンプルな取引が可能となるバイナリーオプションのペアの人気が高まって来ていますので次回はその特集にしたいと思います。


兼業農家とは、農外収入、つまり農業以外の収入を得ながら営農する農業形態の事で、今日の日本では一般的な農業のスタイルとなってきています。

定義的には同一世帯の中で一人以上が農外収入を得ていれば兼業農家とみなされるので、夫婦二人で生活していて夫が農業を、妻が外で仕事をしていれば兼業農家であると言えます。

兼業農家は更に収入の主体が農業であるものとそうでないものに分けられますが、法人化している場合などを除き多くの日本の農家は耕作面積が小さい場合が多いので、農業以外の収入が主となっている場合も多いです。

兼業農家のメリットは、悪天候などの影響を受けて農業収入が減るなどのアクシデントがあっても、ある程度の安定した収入が見込める事、農閑期を有効に使える事、自分の食べるものは自分で収穫する事ができる事などが挙げられます。

農業も機械化が進んでいますから、少ない人数でも以前より短い時間で農業をこなせるようになってきています。

対してデメリットは農業とそれ以外の仕事を掛け持ちしている事で労働時間が多く休めない事が挙げられます。平日は会社勤めをして休日に農業をするというパターンで兼業農家を営む場合は、長期の休日はまず取れなくなる事を覚悟しなければいけません。

そして、副業として捉えるにしても、農家としての一通りの仕事はこなさなければいけませんし、まとまった収入を得るためには収量を上げるための工夫や、販路の拡大にも力を入れなければいけませんから、決して片手間にはできない仕事です。

こういった理由から、実は農業をやめたいが代々受け継いだ農地を自分の代で手放すわけにはいかない、という使命感から収入面での魅力が無くても兼業として農家を続けているという場合もあります。

こういうケースは後継者が望めないことも多く、「元気なうちは続けられるだけ続けて、農業は自分の代で終わり」という結果を迎えることも少なくないようです。

とはいえ、農業従事者が高齢化している現代の日本では、兼業という形態は農業への門戸をくぐりやすくし、新規の就農者を得るための有効な手段として機能する可能性もあります。

現在では脱サラして全く農業経験のない人が一から農業を始めようと思っても、実家が農家でない限りは法律上農地の取得も借用も簡単にはいきません。

そういった問題を時代に沿った形でクリアできれば、「兼業=農業は儲からないから」というマイナスイメージを払拭し、新しい働き方として農業を魅力的な仕事にできる可能性も秘めています。